治療内容

目元の若返り治療 上まぶた治療 たるみ取りVOGUE法

このような方におすすめ

  • 以前ははっきりした二重まぶただったのに、目の形が変わってきた方
  • 年齢と共に視野が狭くなってきたと感じる方
  • 疲れたような・眠そうな印象を与えてしまう方
  • 目元をスッキリ見せたい方

特徴

美しい二重瞼を形成する際に、不必要な組織はもちろん除去しますが、自然さを維持する為に必要な組織は温存し、本来の二重瞼の構造に存在する組織を作成します。

上まぶたが腫れぼったい場合でも、たるみを取りながら同時に治療二重切開法「VOGUE法」を行いますのですっきりとしたまぶたになります。

上まぶたのたるみ取りという治療について

  • たるみの程度
  • くぼみ目、眼瞼下垂などの合併因子の存在
  • 改善希望の程度

によって行う治療が全く異なります。

一重まぶたの場合

一重まぶたの場合

軽度のたるみ
=二重シミュレーション用の器具(ブジー)を利用して、自然な感じの二重ができる。

中等~重度のたるみ
=二重シミュレーション用の器具(ブジー)を利用しても、自然な感じの二重ができない。

二重まぶたの場合

二重まぶたの場合

軽度のたるみ
=元々二重まぶたで重瞼線(二重のライン)がはっきりしている。目頭から目尻まで二重になっている。

中等のたるみ
=二重まぶたではあるが、重瞼線(二重のライン)がややあいまいになっている。目頭付近はかろうじて二重であるが目尻の付近はかぶってきている。

重度のたるみ
=もともと二重まぶたではあるが、重瞼線(二重のライン)はかなりあいまいになってきている。目頭から目尻まで全体的に皮膚が被さってきている。

症状別対処治療

たるみの度合い 皮膚のみ切除を希望される方 二重まぶたを希望される方
軽度のたるみ 上まぶたの皮膚切除
※くぼみ目を併せ持っている場合→くぼみ目FGF注入療法を行う必要があります。
A.二重埋没法「R-MT法」により対処する。
中等度のたるみ B.「上まぶたのたるみ取りVOGUE法」により対処する。
重度のたるみ B.「上まぶたのたるみ取りVOGUE法」により対処する。
※くぼみ目を併せ持っている場合→くぼみ目FGF注入療法を行う必要があります。

治療のポイント

皮膚のたるみがある場合はCO2レーザー切除をすることが多いのですが、瞼板前組織・隔膜前組織を切除しまぶたのボリュームを適正化します。“厚ぼったさ”の原因である眼窩脂肪の量が多い症例の場合電気メスで止血しながら切除します。

術後の腫れが極めて少ない

眼輪筋と瞼板の間の組織も自然さを維持させるため、ある程度温存しますので従来の切開法と比べると比較的腫れの少ない切開法といえます。目安として、術後1週間目の抜糸時にはある程度腫れは落ち着いていることが多いです。

ラインの安定性が高い

挙筋腱膜の一部を前方に移動させ皮膚に固定するため、この部分の接合が完成することにより消失しない二重まぶたが得られます。

自然で美しいライン

皮膚と挙筋腱膜の間にある程度のゆとりをもって連結させるので、二重のラインの引き込みに無理がなく、自然な仕上がりになります。

適用部位

目、上まぶた

治療の詳細

所要時間 両目で約90分程度
治療回数 1回
痛み 治療前の麻酔が一瞬チクッとしますが、治療中は痛みを感じることはありません。
腫れ 治療後は腫れますが、極めて腫れは少ない自然な仕上がり。
麻酔 多段階麻酔を行います
まぶたに塗布タイプの表面麻酔を塗り、さらに目薬の点眼麻酔をします。
傷跡 ほとんど目立ちません。
通院 縫合した糸を抜糸する為に7日目のご来院と経過観察の為1ヶ月目のご来院をいただきます。
洗顔・メイク 洗顔は治療当日から可能、アイメイクは2~3日なるべく避けてください。
シャワー・入浴 当日より入浴・洗髪が可能です。
アフターケア 治療後数日から約1週間は二重の幅やラインが広く深く感じたり、左右差が強く出たりしますが、時間の経過と共に自然になりますので心配なさらないでください。
注意事項 1週間はまぶたを強くこすったりなさらないでください。
治療当日は車・バイクなどの運転はご遠慮ください。
治療当日の飲酒はご遠慮ください。
コンタクトレンズのご使用の場合、当日から装着可能ですが、違和感がある場合は2~3日外して様子を見てください。
副作用・リスク 治療後、まぶたに皮下出血が出る事がありますが、この場合約1週間~10日で消失していきますので心配なさらないでください。

治療の流れ

1.徹底したカウンセリング

ご希望の二重まぶたのイメージをお話ください。
あなたのご希望は皮膚切除のみですか?それとも皮膚切除+二重をご希望でしょうか?

たるみ取りVOGUE法の場合、カウンセリングでは医師がまぶたを観察、診察し、その人のまぶたで作ることができる二重をいろいろ提案します。ブジーという細い棒を使い、まぶたを押さえて二重を作ります。

さまざまな幅の二重のシミュレーションが可能です。その人のまぶたの構造によっては(眼窩脂肪の量やもうこひだの発達の程度など)、作成可能な二重はある程度の制約がりますが、ご希望に配慮しながら二重の幅を決定します。

2.デザイン

医師が最終的にデザインし、マーキングしていきます。
目の見開きの差、左右の眉毛の位置、開眼時の挙筋の状態について診察を行います。

デザインを入念に行うことにより、お客様のご希望のラインにより近づけることが出来ます。

3.麻酔

当院では多段階麻酔を行います。まぶたに塗布タイプの表面麻酔を塗り、さらに目薬の点眼麻酔をします。最後に、皮膚の表面とまぶたの裏側に注射の麻酔をかけます。

注射針も細いものを使用。既に表面麻酔薬と点眼麻酔薬が効いているのでほぼ痛みはありません。
※注射の麻酔量を少なくすることで、処置後のむくみを最小限にすることができます。処置中の痛みはありません。

4.治療

麻酔がかかったのを確認し、たるみ取りと二重切開の処置を開始します。
時間は、両目でわずか約90分程度です。
※手鏡で仕上がりを確認して頂きますが、極めて腫れが少ないことを実感いただけます。

心安らぐ音楽が流れ、少し緊張している方にもリラックスして受けて頂ける空間になっております。

5.アフターケア

治療後は多少腫れるので念のため腫れ止め、目薬、痛み止めを処方しております。
入浴・洗髪が可能ですが、アイメイクは1週間以降、まぶたを強くこすったりなさらないでください。

6.再診

1週間目抜糸、1ヶ月目に術後経過を観察させて頂きますので、ご来院ください。

治療料金

消費税抜きの価格です。

上まぶたのたるみ取り「VOGUE法」 90分 両目 ¥235,000

※片目のみ手術をご希望の場合、両目手術の6割負担となります。

カウンセリング料 ¥3,000

当院は、きちんと時間を取ってお話をさせて頂いておりますので、カウンセリング料が有料となっております。ご了承ください。

Q&A

洗顔、入浴はいつからできますか?

手術当日から洗顔、入浴は可能です。術後創部には血餅(けっぺい)ができ、濡れても水が入らないように栓がされますので、創部の治癒や美しさの為に、創部に痂皮(かさぶた)が付着した状態にならないように洗い流すようにしてください。ただし、熱いお風呂や長湯は皮下出血やむくみが強く出る可能性があるので症状がある間はお控えください。

手術後の痛みはありますか?

痛みの感じ方は人それぞれですので、手術後は痛み止めをお渡ししております。内服にて、痛みはそれほど感じることなく過ごして頂けるでしょう。

片側ずつでも手術はできますか?

もちろん片目ずつでも手術は可能です。しかしラインの左右差が出ないように、初めに手術したお目元の腫れやむくみが落ち着いてからになりますので、早くても1週間はおいていただいております。

二重・目の整形

目元の若返り治療

顔の若返り

鼻治療

唇・耳

輪郭形成術

豊胸術・バストの形成術

美肌・スキンケア治療

痩身治療

ワキガ・多汗症治療

医療レーザー脱毛

ドクターズコスメ

  • 神戸院.078-862-6500
  • 東京院.03-6262-6875

電話受付:10:45~19:45 ※休診日も電話対応しております。お問い合わせください。
治療時間:11:00~19:00(最終受付 18:30) 定休日: 不定休 ※詳しくはお問い合わせください。