治療内容

下まぶた治療(たるみ取り)

このような方におすすめ

  • いつも疲れているように見られてしまう方
  • 老けて見られる方
  • 目つきが悪く見える方

特徴

下まぶた治療(たるみ取り)は、下まぶたの涙袋の下のふくらみ(目袋)を取り除き、下まぶたをスッキリ若々しくさせます。

加齢によって、下まぶたには様々な変化が生じます。皮膚の弾力低下によるちりめん皺や皮膚・眼輪筋・眼窩隔膜など一連の組織の緊張低下による下まぶたのふくらみなどが主な症状です。

余剰の皮膚の切除や、眼輪筋の引き締め、必要に応じて眼窩脂肪組織の切除、移動等を行います。

経皮的アプローチ

眼下まぶたのたるみが多い場合に適用されます。下まぶたの余剰な皮膚を切り取る必要があるので「下まぶたのたるみ取り」の一連の操作の中で行うことになります。

図2のように経皮的アプローチの場合は、下まぶたの睫毛の下約2mmをまぶたに沿って切開し、摘出時に下まぶたを翻転させないので、術中に眼窩脂肪が解剖学的に正しい位置のまま観察できますので、経結膜的アプローチに比べ正確な除去量を決定できるという利点があります。

「下まぶたのたるみ取り」は単に「伸びた皮膚を切り取る」だけのの処置では無く、上まぶたのたるみ取りと同様に「いろいろな手術操作を含んだ下まぶたの若返り治療」と言うことができます。

下まぶたの加齢による変化

下まぶたの加齢による変化は、mid Cheekを構成するsegmentのひとつとして周辺組織と連関した変化としてとらえることが大事だと考えます。

図の水色の線で囲まれている部分をmid Cheekと呼びます。mid Cheekは、その下層に存在するligament(靭帯)によって、さらに3つのsegmentに分割できます。

これらの境界線は、右頬で言うとアルファベットの「y」の形になっています。このligamentは強力に骨に固着しているため、mid Cheekの加齢による表層組織の下垂により、ligamentに一致する部位で垂れさがるようになり、あきらかな「Groove(溝)」として認識されるようになるのです。

若いころは、このmid Cheekにこれらの溝が認められることは少なく、あたかも分割されていない、1つのsegmentとして錯覚してしまいます。このgroove(溝)の形成が、下瞼を含めた「mid Cheek」の老化を表現するものなのです。

治療のポイント

自然な目元の仕上がりです。
デザインは、坐位、臥位の状態でチェックしていくので、お客様のご希望の美しい目元に近づけることが出来ます。

腫れ、痛みが極めて少ない治療です。
痛みを最大限に緩和するために、ルネッサンス美容外科医院では多段階麻酔を行っております。

治療の詳細

所要時間 両目で約60分程度
治療回数 1回
痛み 治療前の麻酔が一瞬チクッとしますが、治療中は痛みを感じることはありません。
腫れ 治療後は腫れますが、極めて腫れは少ない自然な仕上がり。
麻酔 多段階麻酔を行います
下まぶたに塗布タイプの表面麻酔を塗り、さらに目薬の点眼麻酔をします。
傷跡 ほとんど目立ちません。
通院 縫合した糸を抜糸する為に7日目のご来院と経過観察の為1ヶ月目のご来院をいただきます。
洗顔・メイク 洗顔は治療当日から可能、アイメイクは2~3日なるべく避けてください。
シャワー・入浴 当日より入浴・洗髪が可能です。
アフターケア 治療後数日から約1週間は二重の幅やラインが広く深く感じたり、左右差が強く出たりしますが、時間の経過と共に自然になりますので心配なさらないでください。
注意事項 1週間は下まぶたを強くこすったりなさらないでください。
治療当日は車・バイクなどの運転はご遠慮ください。
治療当日の飲酒はご遠慮ください。
コンタクトレンズのご使用の場合、当日から装着可能ですが、違和感がある場合は2~3日外して様子を見てください。
副作用・リスク 治療後、下まぶたに皮下出血が出る事がありますが、この場合約1週間~10日で消失していきますので心配なさらないでください。抜糸後、切開したラインはやや赤みを帯びていますので、紫外線予防をして色素沈着を起こさないように注意してください。

治療の流れ

1.徹底したカウンセリング

ご希望の目元のイメージをお話ください。
医師がまぶたを観察、診察し、その人のまぶたで可能な治療を提案します。

2.デザイン

ご希望の幅が決定したら、医師が最終的にデザインし、マーキングしていきます。目の見開きの差、左右の眉毛の位置、開眼時の挙筋の状態について診察を行います。

デザインは坐位と臥位でチェックします。坐位と臥位でデザインを入念に行うことにより、お客様のご希望のラインにより近づけることが出来ます。

3.麻酔

当院では多段階麻酔を行います。まぶたに塗布タイプの表面麻酔を塗り、さらに目薬の点眼麻酔をします。最後に、皮膚の表面とまぶたの裏側に注射の麻酔をかけます。注射針も細いものを使用。すでに表面麻酔薬と点眼麻酔薬が効いているのでほぼ痛みはありません。

※注射の麻酔量を少なくすることで、処置後のむくみを最小限にすることができます。処置中の痛みはありません。

4.治療

麻酔がかかったのを確認し、下まぶたのたるみ取りの処置を開始します。
時間は、両目でわずか約60分程度です。
※手鏡で仕上がりを確認して頂きますが、極めて腫れが少ないことを実感いただけます。

心安らぐ音楽が流れ、少し緊張している方にもリラックスして受けていただける空間になっております。

5.アフターケア

治療後は多少腫れるので念のため腫れ止め、目薬、痛み止めを処方しております。
入浴・洗髪が可能ですが、アイメイクは1週間以降、まぶたを強くこすったりなさらないでください。

6.再診

1週間目抜糸、1ヶ月目に術後経過を観察させて頂きますので、ご来院ください。

治療料金

消費税抜きの価格です。

下まぶた治療(たるみ取り) 60分 両目 ¥300,000

※片目のみ手術をご希望の場合、両目手術の6割負担となります。

カウンセリング料 ¥3,000

当院ではカウンセリングに重点をおき、患者様のお悩みをお聞きしたうえで、最適な治療法、治療詳細、リスクなど、しっかりと時間をかけてお話させていただいております。そのためカウンセリングが有料となっておりますが、何卒ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Q&A

洗顔、入浴はいつからできますか?

手術後は患部を冷やしたり、圧迫することで血流が悪くなる為、何もせず様子を見てください。 むくみがあると何か対処したいと考えてしまいますが、当院では腫れ止めも処方しておりますし、むくみは時間経過とともに必ず改善するものですのでご安心ください。

片側ずつでも手術はできますか?

もちろん片目ずつでも手術は可能です。しかしラインの左右差が出ないように、初めに手術したお目元の腫れやむくみが落ち着いてからになりますので、早くても1週間はおいていただいております。

遠方から来院する場合、手術当日のみの来院で大丈夫ですか?

手術後は、1週間後に抜糸を行いますので来院が必要です。

基本的には1ヶ月後、3ヶ月後の経過観察の為来院をお願いしておりますが、やむを得ず来院が難しい場合1ヶ月以降に関しては、お電話で対応させて頂くので、経過を教えていただければと考えています。
経過中にご心配なことは、お気軽にご相談ください。

二重・目の整形

目元の若返り治療

顔の若返り

鼻治療

唇・耳

輪郭形成術

豊胸術・バストの形成術

美肌・スキンケア治療

痩身治療

ワキガ・多汗症治療

医療レーザー脱毛

ドクターズコスメ

  • 神戸院.078-862-6500
  • 東京院.03-6262-6875

電話受付:10:45~19:45 ※休診日も電話対応しております。お問い合わせください。
治療時間:11:00~19:00(最終受付 18:30) 定休日: 不定休 ※詳しくはお問い合わせください。

page up